FC2ブログ

忘れるって?

2013.02.02(Sat) | EDIT

人間の脳の特性として忘却能力ある、コレはコンピュータにはない特殊な能力であるとされている。ただこれは正確な言い方ではない。人間の脳は無限に近く記憶をしていくことが出来るが、コンピュータが記憶したものを100%取りだせることが出来るのに対し、人の脳はほんのわずかしかとりだせないというのが正確だろう。即ち「忘れる」のではなく、「脳に蓄積しとりだせなくする」能力を持っているということだ。「いつでもすぐ取りだせる情報」に対し、「すぐにはとりだせない形で脳に蓄積されている情報」、この前者に対する後者の大きさの比率をゆとりと考える。そしてこの「ゆとり」が知恵を作る要素のひとつであると考える。ただこのすぐにはとりだせない形で脳に蓄積されている情報」は永遠に取りだせないものではなく、ちょっとした手間ときっかけがあれば取りだすことも可能である。
これこそ人の「ゆとり」であり物事を幅を持って見つめられ、また考えることの出来る寛容な思考能力であると。
一見学んでも忘れてしまう、元も子もないではないかと解されることもある学習。でもこの継続こそが知恵のある、そして深みのある人間を創造していくのだ。
スポンサーサイト



コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

科学の先生

Author:科学の先生
KIS科学研究所所長・元算数オリンピック委員・○○大学特命教授 子供数理教室主催
http://kismit.jp

スマホホームページは
http://kismit.jimdo.com/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR