FC2ブログ

算数のおまじない・「のかけ」「がわり」って?

2013.02.02(Sat) | EDIT

ある算数の先生の著書を「うん。確かに。確かに。」と読み進んでいるうちに、最後のほうの章のタイトルに「算数は暗記です」とい言葉を発見して驚いた。「な・な・なんでそんなことを?」かなりのベテランの先生で、他にも著書がある。要約すると(へたに要約すると文意が伝わらなくなる事もあり不本意ですが、紙面の関係でお許しを。)「少ない原理原則だけを覚えて、あとは徹底的にそれを使いまくることが算数力を高める。」ということのようだ。
「1元的に一般公立小学校の算数のテストで合格点を取らせるためには」ということだけを目的とするならそれも正論かもしれないが、それ以上を目指す本誌読者諸氏には間違いのアドバイスであろう。
様々なレベルの子供たちを指導する一般公立小学校の先生方の苦労も分かる。5年生の算数で「割合」を指導し全員を合格点レベルに引き上げるのは困難な山の一つだ。だから「のかけ」「がわり」というまじないのような言葉が使われる。
割合の問題で「・・・の」とくれば掛け算を使う。「・・・が」とくれば割り算を使うということを意味するのだが、そしてこの指導により学校のテストの点数は取れるようになるだろう。
ただ今後の伸びには期待の出来るものではないのです。私は常々小学生の算数で一番必要なのは比例や割合といった関数につながる概念の習得だといい続けてきました。またそういった概念習得の出来た子供たちがグングン伸びるのを目の前で見てきたから自信を持って言い切れるのです。
スポンサーサイト



コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

科学の先生

Author:科学の先生
KIS科学研究所所長・元算数オリンピック委員・○○大学特命教授 子供数理教室主催
http://kismit.jp

スマホホームページは
http://kismit.jimdo.com/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR