FC2ブログ

パズルとクイズ

2013.02.02(Sat) | EDIT

最近書店行きますと「大人のための算数」といった類の本が目に付きます。今世の中はクイズやパズルの絶頂時代のようで、テレビ番組にもその種のものを多く目にします。クイズとパズルの間には明確な分別は存在しないようですが、いわゆるクイズ的といわれる問題と、パズル的と言われる問題に区別はできるようです。クイズは知識のある人が強いのが当然で、(若干私偏見的ですが)人の知らないような知識に対しては「へー」と賛辞が送られています。(とはいえ4択の問題など知っていたではなく、複雑な類推により答えを発見されるケースもあり、私自身「へー」となっています。)
ただパズルは知識がなくても独創的な発想ができることで、簡単に解けてしまうこともあるので私自身大好きなのです。
またパズルに親しんで行くことで独創的な発想に磨きがかかるのも事実ですし、ことパズルに関しては子供と大人に差がないどころか、子供だから解ける問題も多いのです。
大人の方がそんなパズルで遊ばれることはすばらしいことだと思います。「子供のころには持っていた。そして常識を意識するあまりに退化した数理的論理力をよみがえらせた。」あるいは「あ!昔やった」なんて問題の発見に童心で取り組んで青春を懐かしみながら、新たに「青春のエネルギー」復活させた。といった世の中の流れを楽しく見つめております。
日常生活に役立つ何かが生まれてくるかもしれませんね。
そういう私も今月は意識して30冊以上の算数やパズルの本にチャレンジしてみました。
スポンサーサイト



コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

科学の先生

Author:科学の先生
KIS科学研究所所長・元算数オリンピック委員・○○大学特命教授 子供数理教室主催
http://kismit.jp

スマホホームページは
http://kismit.jimdo.com/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR