スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

円周率に思うこと。

2013.05.13(Mon) | EDIT

ゆとり教育の代名詞ともなった「円周率が3.14から3になった」話ですが。

丸いものを造るときの、実用性としては、困っちゃうわけです。大雑把な3で計算しちゃうとタイヤだってびっこになっちゃうし、やかんの蓋だって締まらなくなっちゃいます。・・だからあれはあくまで小学校教育の話。
生産などの現場ではもっと厳密な円周率を使っています。

でも「3」文部科学省は・本当に?と思いました。・・だってあれよりも昔の話ですが(聞いた話です)・
エープリルフールのアメリカの新聞に「円周率が3になった」と載って・・みんなが「そんなばかな」と大笑いしたギャグを文科省は真面目にやっちゃったんですからね。

でも算数の世界では、大騒ぎして元に戻す話でもなかったような気もします。

「計算力が算数である」といった半分間違った感覚を子供たちの中に生み出す事の方が、問題だと思うからです。

「計算には答えは一つしかない」という考えも必要ですが、世の中には実はいろんな答えがあるのだとの考え方を受け入れられない子供も増えてきているからです。冗談のようですが、ある子供から「円周率が3.11になったんだよね」と聞いたことがあるからです。

地球を捉えるときにも、ある時には球として捉えたほうがいいこともあり、でも実は高い山もあるデコボコなんだよと捉えるのがいい時もあります。生きていくには「大体こんなものかな」の感覚が必要なことも多いからです。

いつもの蛇足ですが「遊びも必要です」・・車のハンドルにも遊びがなければ・・ぎゃくに事故を起こしてしまいます。勉強もする・そして遊びもする。どっちがどっちだかわからない。そんな多角的視野を持った元気な子供たちが増えたらいいな、と願うものです。・・今の世の中に求められてくる人材。・ひいては将来子供たちが自分の職業を持つときにその職業に疲れるような人材。・・そんな子供たちを育てていきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

科学の先生

Author:科学の先生
KIS科学研究所所長・元算数オリンピック委員・○○大学特命教授 子供数理教室主催
http://kismit.jp

スマホホームページは
http://kismit.jimdo.com/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。