FC2ブログ

それぞれに、いろんな学習法

2013.02.02(Sat) | EDIT

調べてみるとみんなの小学生から大学入学までの学習方法に大きな異なりがありました。「えっ。そんな勉強のやりかたしてたの?でもなるほど。」と互いに驚きながら納得する一幕もありました。これは誰にも適応する絶対的な学習方法が無いことを意味することでもあり、また「学問に王道なし」の言葉を裏付けたものです。そんななかで唯一つ明確に言えるのは皆が早い時期に目的を持って自分なりの学習方法を確立させていたということです。例えば3桁と3桁の掛け算をするときにも自分なりのミスをしないための工夫(例えば5上がってと暗記で計算していくところに、自分なりに計算式に自分だけにわかるメモを入れたりする)をこらしていたのです。また、興味深かったのは、いまだに相談の多い「ながら族的学習法」についてなのですが、大きく意見が分かれました。「算数・数学については音楽を聴きながらやったほうがスムーズだ。」「いや、気が散ってしまう。」といった風です。これにつきましては結論は出せませんが、嗜好の問題でもありリラックスして学習できればどちらでも良いというのが私の考えです。蛇足ですが15年程前、中国へ行ってタクシーに乗ったとき運転手さんに私がうかがった話ですが、「中国の道路交通法では運転中には音楽を聞いてはいけない。注意が散漫になるから。」というのです。それに付け加え「でも、お客さんが希望するなら音楽をかけることも出来ますよ。でもその時も運転手は音楽聴かないようにしなくちゃいけないんだよ。」と。変な法律だなと感じつつも、かかっている音楽を聴かなく意識するほうがますます注意散漫となるわけで「いえ、音楽は結構です。」と辞退したものです。
スポンサーサイト



コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

科学の先生

Author:科学の先生
KIS科学研究所所長・元算数オリンピック委員・○○大学特命教授 子供数理教室主催
http://kismit.jp

スマホホームページは
http://kismit.jimdo.com/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR